top of page
  • ad-production7

「エコキュート」「エネファーム」って何が違うの?それぞれのメリット・デメリットとは




エコキュートとエネファームとは何が違うの? こう聞かれて、正確に答えられる人は意外と少ないかもしれません。本記事では、エコキュートとエネファームとを比較し、それぞれのメリット・デメリットを解説しています。


エネファームとは エネファームとは、熱電併給型コージェネレーションシステムの一つです。これは、自家発電と同時に熱を利用することで、効率的にエネルギーを生産するシステムです。一般的には、ガスエンジンなどを利用して発電し、その際に発生する熱を給湯や暖房などに活用します。エネファームは、省エネルギーでありながらも多目的にエネルギーを活用することができるため、住宅やビジネス向けのエネルギーシステムとして利用されています。 エネファームのメリット エネファームのメリットは、以下のような点が挙げられます:

1.高いエネルギー効率: エネファームは、自家発電と同時に熱を利用することで、エネルギーの効率的な生産が可能です。

2.省エネルギー: 発電時に発生する熱を給湯や暖房などに活用することで、エネルギーの無駄が少なくなります。

3.多目的利用: 発電と同時に得られる熱を給湯や暖房に活用することで、一次エネルギーの有効活用が可能です。

住宅やビジネス向けに適している: 効率的なエネルギー生産と利用が可能なため、住宅やビジネス向けのエネルギーシステムとして利用されています。 エネファームのデメリット エネファームは通常のガス給湯器と違い、導入費がかかります。なお具体的な金額は、オープン価格のため販売施工会社によって異なります。

ただし、補助金制度を設けている自治体もありますので、お住まいの地域によっては導入費を削減できるでしょう。

またエネファームはガスを動力源とするため、オール電化住宅では使えません。

エコキュートとは エコキュートとは、電気を使用してお湯を沸かす給湯機の一種です。太陽光や風力などの再生可能エネルギーとも組み合わせることができるため、省エネルギーや環境に配慮した給湯システムとして利用されています。 エコキュートのメリット エコキュートのメリットには、以下のような点が挙げられます:

1.再生可能エネルギーとの組み合わせ: エコキュートは太陽光や風力などの再生可能エネルギーと組み合わせることができ、環境に配慮した給湯システムとして利用できます。

2.省エネルギー: エコキュートは電気を使用してお湯を沸かすため、効率的なエネルギー利用が可能です。

3.環境にやさしい: 再生可能エネルギーと組み合わせることで、環境に配慮した給湯システムとして利用できます。

4.システムの柔軟性: 太陽光や風力などの再生可能エネルギーと組み合わせることで、多様なエネルギーソースを活用できます。 エコキュートのデメリット エコキュートのデメリットとしては、以下の点が考えられます:

1.電気料金の影響: 電気を使用するため、エコキュートの運転により電気料金が増加する可能性があります。

2.コスト増:太陽光や風力などの再生可能エネルギーとの組み合わせには設置コストがかかる場合があること。

3.供給が不安定:夜間や天候によって再生可能エネルギーの供給が不安定である場合、エコキュート単体では安定した給湯供給が難しいこと。

4.設置スペースの制約: 再生可能エネルギーと組み合わせる設備を設置するためには、適切なスペースが必要となること。

これらのデメリットを考慮して、エコキュートを導入する際には慎重な計画と適切な設置条件の確保が重要です。 エネファーム・エコキュートを使わずに節約する方法とは? 省エネ性が高く、光熱費削減も期待できるエネファームとエコキュート。しかし、どちらも初期費用がかかってしまうのが悩みどころですよね。

そんな方におすすめしたいのが、ガス会社の切り替え。実はガス料金はガス会社によって差があります。とくにプロパンガスは自由料金制のため、相場と比べてかなり高い料金プランを設けているガス会社も存在するのです。ガス会社を見直すことで、大幅にガス代を節約できる可能性があります。

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page