top of page
  • ad-production7

エコキュートにおける「ウォーターハンマー現象」は何か?なぜこの現象はおこるのだろうか?



エコキュートを使っていると、突然「ゴンッ」という大きな音が聞こえたことはありませんか?これは「ウォーターハンマー現象」と呼ばれる、配管内の圧力急上昇によって発生する衝撃音です。


ウォーターハンマー現象の原因

ウォーターハンマー現象は、主に以下の2つの原因によって起こります。

  1. 水の急停止

蛇口を急に閉めたり、洗濯機や食洗機が停止したりすると、流れていた水が急激に止まります。その際、水の慣性によって水圧が急上昇し、衝撃音が発生します。

  1. 空気の混入

配管内に空気が混入すると、水が流れた際にその空気が圧縮されて水圧が上昇します。その後、空気が弾けて元に戻る際に衝撃音が発生します。


ウォーターハンマー現象による影響

ウォーターハンマー現象は、以下のような影響を与えます。

  • 騒音

大きな衝撃音が発生するため、周囲の住人に迷惑をかけてしまう可能性があります。

  • 配管の破損

繰り返しの衝撃によって、配管が破損してしまう可能性があります。

  • 機器の故障

衝撃によって、エコキュートなどの機器が故障してしまう可能性があります。


ウォーターハンマー現象の対策

ウォーターハンマー現象を防ぐためには、以下の対策が有効です。

  • 蛇口をゆっくり閉める

蛇口をゆっくり閉めることで、水の急停止を防ぎ、水圧の上昇を抑えることができます。

  • 空気抜きをする

配管内に溜まった空気を定期的に抜き取ることで、空気による水圧上昇を防ぐことができます。

  • ウォーターハンマー防止器を設置する

ウォーターハンマー防止器は、水圧の上昇を吸収して衝撃音を抑える効果があります。


まとめ

ウォーターハンマー現象は、エコキュートを使用する上で注意が必要な現象です。上記の対策を参考に、ウォーターハンマー現象を防ぎ、快適なエコキュートライフを送りましょう。

閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page