top of page
  • ad-production7

災害時にも活躍するエコキュート!その理由とは



エコキュートは災害時に活躍する! 実はエコキュートは地震や台風などの災害時にも活躍します。災害時の備えにもなるエコキュートがどんな風に役立つのか、その理由をご紹介します。 停電時にもお湯が出る 停電時にもお湯が出るエコキュートは、貯湯ユニットに貯めているお湯をお風呂のシャワーで利用したり、手洗い時に利用したりできます。

また、エコキュートでは大雨や洪水、防水など特定の警報・注意報を事前に選択・設定しておくことで、発令と同時に自動でお湯を沸かすことができるメーカーもあります。

停電時にもお湯が使用できるエコキュートですが、お風呂への湯はりはできません。

停電時にお風呂を使用する時は、シャワーや蛇口を使用しましょう。

ただし、集合住宅等のポンプで給水をしている場合は、断水時と同じようにお湯が使用できません。 断水時に非常用手水栓から生活用水を確保できる エコキュートは、断水時に非常用水栓から生活用水を確保する事が可能です。

断水時にはトイレに水が供給されないため、水洗トイレの水が流せなくなります。

飲料水は普段から確保しているご家庭も少なくないですが、生活用水を蓄えておくのは、場所の確保も大変なので、エコキュートを導入するだけで普段と変わらない生活を送りながら非常用の生活用水の確保ができるのは助かります。加えて、温かいお湯も確保できることも嬉しいポイントです。 使用できる水の量は、容量460Lの貯湯タンクのエコキュートの場合、4人家族で3~4日分確保できる程度です。

災害などで断水になった場合、水道が普及するまでの日数が3日程と言われています。

自宅にエコキュートがあるだけで常に水の確保ができるので、心強いですね。

耐震対策で地震や台風でも倒れにくい エコキュートは、耐震対策が施されており、地震や台風でも倒れにくい機器です。

エコキュートは本体だけで約60Kg~90kg、満水時には400kg~600kgの重量があり、転倒してしまうことがあれば、重大な事故に繋がりかねません。 各メーカー別!災害時に役立つ機能・強みを紹介 【ダイキン】 震度7相当に耐え得る耐震構造になっているダイキンのエコキュート。

タンクの支持部と脚部の補強で本体の揺れを低減し、転倒防止金具と補強プレート付の脚部化粧カバーの設置で、強度がさらにアップする仕組みとなっています。 【三菱】 三菱のエコキュートは、「満タン沸き増し」「浴槽に水をためる」という二つのボタンを押すだけで、断水時の生活用水が確保できる仕組みになっています。

「満タン沸き増し」ボタンは、お湯が不足しないように設定した当日は解除されるまで何度もタンク全体を沸き増しします。

「浴槽に水をためる」ボタンは、温度の下げるボタン(▼)とふろ自動ボタンを同時に押すと浴槽内に水による湯はりを行います。 【パナソニック】 「スマホでおふろ」という専用アプリがあるパナソニックのエコキュート。

災害時に役立つポイントは、あらかじめ選んだ警報や注意報が発令されると、エコキュートが自動でたっぷりのお湯を沸き上げてくれることです。

ただし、気象情報に連動しているため、昼間の電気代が高い時間帯にも沸かすことがあるため、理解しておきましょう。

警報や注意報が解除されると、全量沸き上げもOFFになります。 エコキュートを設置するだけで、災害時の備えになるという事がよく分かったと思います。

正直屋では、ご家庭の使用状況に合わせたエコキュートのご提案をしています。

ぜひお気軽にお問合せください!



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page