top of page
  • ad-production7

エコキュートを長持ちさせるお手入れ方法とは


エコキュートはオール電化のご家庭に欠かせない設備ですが、ほかの電化製品より導入費用が高く、買い替えにも相応のお金がかかります。エコキュートの平均寿命やメンテナンスのコツを理解し、長く使えるように工夫しましょう。 エコキュートの寿命はどのぐらい? エコキュートはヒートポンプ技術を利用した給湯器であり、IHクッキングヒーターとともに、オール電化には欠かせない設備として知られています。

日常的にエコキュートを利用している方や、これからオール電化の住宅に住む人などは、エコキュートの寿命はどのぐらいか確認し、買い替えのタイミングを考えおきましょう。

一般的に10~15年が買い替えのタイミング エコキュートの寿命はメーカーや製品によって変わってくるものの、平均10〜15年といわれています。しかし、エコキュート自体が2001年に販売が開始された比較的新しい設備であるため、平均寿命が明確にわかっているわけではありません。

実際に使用している人の多くが、10~15年で何らかの故障や不具合が発生していることから、長くても15年程度で買い替えるべき、といった認識が広まっているのが実態です。

なお、一般的な給湯器の平均寿命も10~15年ぐらいとされているので、エコキュートの方が交換周期は早いといえるでしょう。

ただし、一般社団法人日本ガス石油機器工業会などは、10年程で取り換えや点検をすべきとしています。エコキュートも導入から10年経過した時点で、たとえ問題がなくても点検はしておきましょう。 寿命の前に買い替えが必要なケースも エコキュートに限った話ではありませんが、どういった設備であっても、使用状況や設置環境をはじめ、さまざまな要因で故障が発生する可能性があります。

平均寿命を迎える前に買い替えなければならないケースも起こり得るので、定期的なメンテナンスを欠かさないのはもちろん、不具合が起こった際にはできるだけ早く原因を特定し、修理を含めた対応をすることが大事です。

不具合を放置したまま稼働させ続けると、本格的な故障の原因になる恐れがあります。なお、エコキュートの不具合を素早く察知するには、基本的な仕組みやお湯の作り方などを知っておく必要があります。 エコキュートの交換を検討すべきケース

平均寿命にかわらず、エコキュートの交換を検討すべきケースとして、以下の症状が挙げられます。必ずしも交換が必要とは限りませんが、早急な点検が必要な目安として覚えておきましょう。 頻繁にエラーが起こる場合 エコキュートに問題が発生した場合、リモコンにエラーコードが表示されるのが一般的です。例えば、コロナ製のエコキュートの場合、故障や不具合が発生している場所によって、次のようなエラーコードが表示されます。

E01:缶体サーミスタや風呂保温ヒータの故障

E08:ふろ湯張りサーミスタの故障

E09:給水温サーミスタの故障

E10:給湯サーミスタの故障

E16:湯張り高温異常の検知

E33:給湯温度の高温検知

E37:漏水の検知

ほかにもさまざまなエラーコードがあり、英数字によって不具合や故障の場所が分かります。明確な故障の場合はもちろんですが、どういったエラーであれ、頻発する場合はエコキュートが寿命を迎えている可能性もあります。 お湯や水漏れが頻発する場合 稼働中に突然、異音が出た場合は、エコキュート本体が故障している可能性が考えられます。

故障の個所によっては部品の交換だけで済むケースが多くありますが、内部で深刻な問題が起こり、買い替えも検討しなければならない可能性もあるので、早急に業者に連絡をしましょう。

もし、エコキュート本体を丸ごと買い替えなければならない場合、相応の費用がかかるのはもちろんですが、再びお湯が使えるようになるまで、一定期間が必要になります。お湯が使えなくなった場合の対応も考えておきましょう。 漏電が疑われる場合 ご家庭の漏電遮断機が作動したり、ブレーカーが落ちたりする場合、どこかで漏電している可能性が考えられます。エコキュートが原因とは限りませんが、感電の恐れがあり危険なため、速やかに電源を落としメーカーや修理業者に相談しましょう。

漏電の場合、機器の絶縁体やケーブルの劣化など、さまざまな原因が考えられますが、本体の寿命の可能性もあります。

エコキュートの寿命が早まる原因は? これまで説明してきた症状が出た場合、エコキュートの寿命の可能性が考えられますが、たとえ現状は動作に問題がなくても、日頃の使い方で寿命を縮めている可能性があります。

以下の使い方は、エコキュートの寿命を早めてしまう恐れがあるため、避けるようにしましょう。 機器に合わない入浴剤を使っている

メーカーが推奨していない入浴剤を頻繁に利用している場合、エコキュートの寿命が縮まり、故障するリスクが高くなるので注意が必要です。

そもそもエコキュートは基本的に入浴剤の使用自体が推奨されておらず、日常的に利用していても、そのことを知らない人は少なくありません。

一部の入浴剤は利用可としているメーカーもありますが、特に調べることなく好きな入浴剤を使っている人が多いのが実態です。入浴剤を入れるならば、事前にメーカーの公式サイトを確認し、使っても問題ないとされている商品を選びましょう。 適切な使い方をしていない 長期で家を留守にする場合に水抜きをしなかったり、無理に場所を移すなど、適切な使い方をしていない場合も、故障の原因となります。

説明書をよく確認し、常に正しい使用を心掛けなければいけません。上記のように機器の設置環境が悪く、場所を移動させたいのであれば、業者に依頼しましょう。

また、1カ月以上自宅を留守にする場合は、どのメーカーのエコキュートでも基本的に水抜きが必要です。

水を抜かずに長期間放置していると水質が悪化してしまったり、冬季は水が凍ってしまったりして、故障につながります。長く留守にするならば、電源を落とすだけではなく、必ず水抜きをするようにしましょう。 定期的なメンテナンスを怠っている エコキュートは貯湯タンクや給水口などの掃除や、ヒートポンプからの水抜き、配管の洗浄といったメンテナンスが欠かせません。

メンテナンスを怠ると故障の原因となり、寿命が短くなる可能性が高くなります。定期的にチェックして不具合があれば、すぐに修理しましょう。

詳しくは後述しますが、貯湯タンクの水抜きはもちろん、配管の水漏れの確認、給水口ストレーナーのお手入れなどが求められます。

エコキュートの寿命を延ばすメンテナンス法 できるだけ長くエコキュートを使うために、以下の点を意識して定期的にメンテナンスを行いましょう。 適切なメンテナンスの頻度は? エコキュートの各パーツの点検は、半年に1度程度で問題ありませんが、清掃はできる限り2~3カ月に1度の頻度でするようにしましょう。

特に、貯湯タンクはゴミや不純物が溜まりやすいので、水抜きに加えて、給水口ストレーナーなどの掃除もする必要があります。浴槽フィルターの掃除もしておきましょう。

また、ほかの部分に比べて忘れがちですが、エコキュートのリモコンも汚れが動作に影響しないように、定期的な拭き掃除が必要です。 日常的にすべきメンテナンスのやり方 各部位のお手入れ方法やメンテナンスについては、説明書はもちろん、各メーカーの公式サイトに具体的に記載されています。

推奨頻度も機器によって異なるため、基本的には公式の情報を確認しておきましょう。ここでは、よくある貯湯タンクの一般的な水抜きと汚れ落としの方法を簡単に紹介します。

【貯湯タンクのお手入れ方法】

漏電遮断器を「切」にしておく

給水配管の止水栓を閉じる

逃し弁レバーを上げる(※レバーの方向は各機器の説明書を要確認)

排水栓を開いてタンクに溜まった汚れを排水する(※1~2分程度)

排水栓を閉じる

給水配管の止水栓を開いてタンクを満水にする

逃し弁レバーを下げる

漏電遮断器を「入」にする

混合水栓のお湯側を開いて、お湯が出ることを確認する

貯水タンクのメンテナンスは年に2〜3回程度はする必要があります。なお、タンク内の汚れをしっかり落としておけば、断水時にタンクの水を生活用水に使うことも可能です。ただし、飲用には適さないので注意しましょう。 適切なメンテナンスでエコキュートを長く使おう エコキュートは、使い方次第で寿命を延ばせる場合もあれば、逆に縮めてしまう可能性もあります。

長く快適に使用できるよう、定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。




閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page