top of page
  • ad-production7

ガスコンロに使う電池の種類、サイズ、交換方法



ガスコンロには乾電池が使われていることを知っていますか?

気付かずに使っている方もいるかもしれませんが、ガスコンロの点火には乾電池が使われています。ガスコンロで使う電池の種類とサイズ、交換方法について解説します。





ガスコンロに使う乾電池の種類


アルカリ乾電池

アルカリ乾電池は電解液にアルカリ性の水酸化カリウムを使用しています。特徴はパワーがあり大容量なので大きな電流を長時間流せることです。そのため大電流で連続して使用する機器に向いています。

デメリットはマンガン乾電池に比べるとやや価格が高いことでしょう。また、製品によっては長時間使用すると液漏れしやすいものも存在します。


マンガン乾電池

マンガン乾電池は電解液に弱酸性の塩化亜鉛などを使用しています。アルカリ乾電池ほどのパワーはないものの、休ませると電圧が回復するとされています。小さな電流で、使用時間が短いものや間隔をあけて使うようなものに向いています。

デメリットは使用中に電圧が下がり、常に大きな電流が必要な機器で使用しているとうまく動作しなくなることがある点です。また、スイッチの切り忘れなどで過放電の状態になると、外装に穴が開いて液漏れすることがあります。これらの点でガスコンロにはマンガン乾電池よりアルカリ乾電池のほうが適していると言えます。


注意!!アルカリ電池とマンガン電池の併用は発熱や液漏れの原因になるため禁物です。

一緒に使わないようにしてください。





ガスコンロに使う乾電池のサイズ


ガスコンロに使用する電池のサイズはメーカーや機種によって異なります。最も多いのは単1電池を2本セットするパターンです。ほかには単2電池を使用する機種もあります。ガスコンロ用の電池を購入する際は事前にサイズを確認しましょう。




ガスコンロの乾電池を交換するタイミング


多くのガスコンロでは、電池の容量が少なくなると「電池交換サイン」のランプが点滅するなどして交換時期が迫っていることを知らせてくれます。また、チチチと音がするだけでガスコンロに火がつかないときは、電池が消耗している可能性があります。

アルカリ乾電池を使用している場合、電池の交換時期の目安は半年~1年程度です。




ガスコンロの乾電池の交換方法


ビルトインコンロの電池の交換方法

コンロの前面に点火スイッチや火力調整のレバーまたはボタンがあります。電池はその下の「電池収納カバー」を開いてセットするようになっていることが多いでしょう。


ガステーブルコンロの電池の交換方法

大抵はコンロ下部前面の点火スイッチの横などに電池収納ケースがあります。電池収納ケースを手前に引き出すと縦に並んで収まっています。電池の向きを確認して電池を入れ替えてください。




まとめ

ガスコンロの電池は、上記を参考に適切なタイミングで交換しましょう。また、購入前に電池のサイズや収納場所について確認しておくことをおすすめします。電池を適切に交換しても不具合がある場合は、故障している可能性もあるので、その際は修理か新しいガスコンロへの買い替えを検討しましょう。




閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page