top of page
  • ad-production7

ガスコンロのお掃除には基本の手順とコツがある!


キッチンの中でも、汚れが目立ってしまうガスコンロ。頻繁にお料理をする人ならなおのこと気になるでしょう。そんなガスコンロ周りの汚れの原因やお掃除方法を紹介します。 ガスコンロの汚れの種類 ガスコンロには様々な汚れが付着していますが、汚れに合わせて掃除の方法があります。まずはどのような汚れがあるのか見ていきましょう。 ガスコンロについてしまう汚れの種類 料理の際につきやすいのが食品の汚れです。煮物や汁物の吹きこぼれ、調理中に鍋やフライパンから飛び散った調味料や食材の汚れなどが主な原因となります。

汚してすぐにふきん等で拭き取れば、汚れは取れやすいです。しかし、時間を置いたり、コンロの熱でさらに温められたりすることで汚れが固まり、こびりつくとなかなか落とせなくなってしまうのです。

特に頑固で落としにくいのが油汚れです。揚げ物や炒め物の際に油がはねてコンロに付着します。

油が温かいうちに水拭きをすればほぼ取れますが、放置すると冷えて固まってしまいます。その上からまた新たな油が付着し、冷えて固まるを繰り返すことで強固な油汚れが蓄積されていってしまうのです。

油がはねていなくても、油を使った料理をすることで油が気化して空気中を浮遊し、冷やされるとコンロやコンロ周りの壁に付着してべたつきを招くこともあります。食品汚れや油汚れが蓄積した上に、コンロの使用による汚れが加熱されると、黒く炭化して焦げ付き汚れとなります。

焦げ付きは長時間放置するとこすっても落ちないほどカチカチに固まり、こびりつきを悪化させてしまうのです。 ガスコンロの汚れを放置すると大変な事態に ガスコンロの油汚れは油の塊ですので、コンロの火が触れると燃え移り、火事を引き起こす危険があります。さらに、食材のカスや調味料の汚れ、油汚れなどを放置するとどんどん蓄積してしまうでしょう。

また、吹きこぼれの汁は水分を含みます。汚れや水分はカビの栄養分となるのでコンロにカビが繁殖する可能性もあるのです。

調理する場所にカビが生えていると、食事にカビが付着し不衛生なものを口に入れることになってしまい、食中毒など健康を害する恐れがあります。カビの元になる汚れはきちんと除去しなければなりません。




ガスコンロの掃除方法 色々な種類の専用の洗剤がありますが、自然由来で安全な素材である「重曹」が環境にも優しくおすすめです。

重曹は炭酸水素ナトリウムとも言い、弱アルカリ性の白い粉です。入浴剤や薬などに使用されており、人体に害のない物質となります。

重曹は酸性の油汚れを中和させて水に溶けやすくします。さらに発泡性があるので温めると二酸化炭素を発生させ、焦げ付きなどのしつこい汚れを浮かせて落とすことができるという特徴があります。

まずは重曹を水に溶かして入れるスプレーボトル、汚れをこするスポンジや細かい部分の汚れを落とすのに便利な使い古した歯ブラシを準備しましょう。 重曹を使ったクリーニング方法 水や油を含んだ湿気のある汚れには粉のままの重曹を振りかけます。乾いた汚れには、重曹スプレーを作って吹きかけてください。

スプレーの作り方は、水100mlに重曹小さじ1杯の分量で混ぜるだけです。たくさん作りたい時は水や重曹を同じ割合で調整します。

少し放置すると汚れが重曹と中和して軟らかくなるので、スポンジでこするとすんなり落とせる場合がほとんどです。 ガスコンロの細かい部品別の掃除方法 ●五徳 鍋などをのせる五徳という呼ばれる部分は、吹きこぼれなどの焦げがつけきやすく重曹をつけてこすってもなかなか汚れが落とせない場合があります。そんな場合は五徳を外して鍋に入れ、沸騰させる方法を試してみましょう。

重曹は温めると油を分解し、汚れを浮き上がらせる作用があるので、しつこい汚れには効果的です。大きめの鍋を用意し、水1ℓに対し重曹大さじ2杯を入れて火にかけます。

沸騰後は弱火にし、五徳を入れて5分ほど煮てください。火を消してそのまま五徳を取り出せる温度になるまで放置すると、五徳にこびりついた汚れが浮き上がってきます。

その後、五徳を取り出してスポンジや古い歯ブラシで汚れをこすり、洗い流します。それでも汚れが残っているなら、さらに重曹スプレーを拭きかけてスポンジでこすり、洗い流して乾いたふきん等で拭いてください。 ●天板 ガスコンロの台の部分は天板と呼ばれています。天板の素材はガラスコートやホーロー、フッ素コートなど様々です。素材によってはコーティングが剥がれる可能性もあるので、掃除の前に取扱説明書を確認しておくことが大事です。

天板に粉の重曹を振りかけてそのまま15分ほど置き、スポンジでこすってください。それでも汚れが残ったら、クリームクレンザーをかけてスポンジでこすります。水拭き後に乾拭きで仕上げればOKです。

金属製のたわしやメラミンスポンジなどは汚れを剥がしやすいアイテムですが、天板に細かい傷をつけ、そこへ汚れが入り込んでしまう可能性があるので使用の際は注意が必要です。 ●魚焼きグリル グリルは重曹水スプレーを吹き付けて汚れを取るのが基本です。

グリル皿や網など取り外せる部分に汚れがある場合は、取り外して重曹水につけ置きをすると簡単です。汚れがひどい時は少し長めにつけて置いてください。

汚れが浮き上がってきたら、スポンジで軽くこするだけで落とせます。網のこびりつきがひどい場合は、重曹スプレーを吹きかけて古い歯ブラシでこすってみましょう。その後水洗いして乾拭きします。

グリル庫内は側面や底面に重曹スプレーを吹きかけて、汚れが浮き上がってくるのを待ちましょう。汚れがふやけてきましたら、スポンジや軟らかい布で拭き取ります。

グリル内部のバーナーや電子部品などに水がかかると故障の原因になってしまうので、水気の取り扱いには十分に注意をしてください。 ●バーナー部分 まずは重曹スプレーを吹きかけ、スポンジなどでこすります。

バーナーキャップやバーナーリングなどの部品は取り外し出来る場合が多いので、焦げ付きなど頑固な汚れがある場合は、部品を取り外し重曹水に浸してしばらく置きましょう。その後スポンジや古い歯ブラシでこすり、水洗い後に乾拭きしてください。

バーナー本体の火が出る部分の穴が汚れで詰まっていると、不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒になるリスクもあります。目詰まりは爪楊枝などで汚れを掻き出し、穴がふさがらないようにしておきましょう。 ガスコンロのお掃除頻度 ガスコンロは一度汚れがつくと、その上から汚れがどんどん蓄積されていきます。長期間放置すると固まってこびりつくため、落とすのが大変です。

そのため、毎日掃除を行うのが好ましいと言えます。できれば、料理でコンロを使うたびに掃除するのが効果的です。

使用後に、お掃除シートや濡れぶきん等でさっと汚れを拭いておくだけでも違います。五徳などのパーツの掃除は週に1回から2週間に1回位の頻度が良いとされています。

重曹を活用し、専用の洗剤もうまく取り入れながら、汚れがひどくなる前にこまめに掃除しましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

Comentarios


bottom of page