top of page
  • ad-production7

ガスコンロの寿命は何年?買い替えの目安と時期は?



ガスコンロの寿命は何年?


ガスコンロの寿命は 約10年とされています。 メーカーの多くが耐用年数は約10年と記載しており、一般的には設置から8年~15年程度で新しい機種へ交換されています。

製造から10年が近づく頃には部品の多くが劣化しているでしょう。ガスコンロを安全に使用するためには、日頃から部品の劣化や故障の兆候を見逃さず対処することが大切です。




ガスコンロの買い替えの目安


多少火が付きにくくなっても、火力が弱くなったように感じられても、「調子が悪いだけで、まだ使えるから大丈夫」と安易に判断し使い続けるのは、危険かもしれません。下記のような症状は、ガスコンロの寿命が近づいているサインです。


ガスコンロの寿命が近づいているサイン  

  • ガス臭い時がある

  • 焦げ臭いにおいがする

  • 点火しづらい時がある

  • スイッチやレバーの反応が悪い時がある

  • 炎が赤い


ガス臭さを感じるときは、ガス漏れによる重大事故につながる恐れがあります。すぐに使用を中止し窓を開けて換気し、点検を依頼しましょう。それ以外の症状については寿命ではない場合もあります。トラブル原因を確認し、自分で対処して改善するもの、対処しても改善しない場合は点検や買い替えを検討しましょう。




ガスコンロの買い替えの時期


10年を経過しなくても「いつもと違う」「調子が悪いかも」と感じたら早め早めのメンテナンスが欠かせません。ガスコンロの故障・部品の劣化を原因とした事故で最も恐ろしいのが、ガス漏れによる火災。家族だけではなく、近隣住宅にまで被害が及ぶ可能性があります。そのため、ゴム管の亀裂やバーナー部分のサビ・腐食、点火つまみの浮き・亀裂が見られたら、たとえ小さなものでも放置せず専門店に相談しましょう。

また、点火に時間がかかり異臭がする、炎の色がオレンジ色に変わった、使用中に異音がする、天板が異常に熱くなるなどの症状が見られた場合も同様です。長期的に見れば、修理するよりも購入したほうが費用は安く済むケースが多いと考えられます。





閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page