top of page
  • ad-production7

ガス給湯器の「オート」「フルオート」ってどう違うの?


給湯器には、一般的にオートタイプとフルオートタイプの2種類からお選びいただくことが出来ます。その違いをご紹介します。

オートタイプについて

給湯器の「オート」というのは、自動的にお湯を供給する機能のことを指します。一般的に、給湯器の「オート」モードは、お湯が必要なときに自動的に給湯器が作動し、必要な温度までお湯を沸かして供給します。これにより、手動で操作する必要がなく、利便性が向上します。 オートタイプのメリットとデメリット 【メリット】

1.利便性: 自動的にお湯を供給するため、手動で操作する手間が省けます。

2.省エネルギー: 需要があるときだけ給湯器が作動するため、無駄なエネルギー消費を抑えることができます。

【デメリット】

1.費用: オートタイプの給湯器は一般に手動タイプよりも高価です。

2.複雑さ: 自動制御機能を持つため、故障時の修理やメンテナンスが複雑になる場合があります。 フルオートについて


給湯器の「フルオート」とは、給湯器が完全に自動でお湯を供給する機能を指します。通常、このモードでは、お湯が必要なときに給湯器が自動的に作動し、必要な温度までお湯を沸かして供給します。この機能により、手動で操作する必要がなく、利便性が向上します。 フルオートタイプのメリットとデメリット 【メリット】

1.利便性: 自動的にお湯を供給するため、手動で操作する手間が省けます。

2.省エネルギー: 需要があるときだけ給湯器が作動するため、無駄なエネルギー消費を抑えることができます。

3.安全性: 一定の温度や圧力で自動的に制御されるため、安全性が高いです。

【デメリット】

1.費用: フルオートタイプの給湯器は一般に手動タイプよりも高価です。

2.複雑さ: 自動制御機能を持つため、故障時の修理やメンテナンスが複雑になる場合があります。 これらのメリットとデメリットを考慮して、自宅や施設のニーズに合った給湯器を選択することが大切です。 給湯器選びのご相談は、ぜひ正直屋にお問合せください。

閲覧数:4回0件のコメント

תגובות


bottom of page