top of page
  • ad-production7

ダイキンエコキュートが選ばれる理由!② 【ダイキンエコキュートの魅力的な機能】



【ダイキンエコキュートの魅力的な機能】

エコキュートメーカーの中でも、先駆者的な存在と言われるのが「ダイキン」です。

空調設備メーカーとして有名なダイキンは、高性能なエコキュートを販売するメーカーとしても人気を集めます。

そんなダイキンエコキュートの魅力的な機能について詳しくご紹介しましょう。



入浴前の気分に合わせて湯温を簡単に調整できる機能

フルオートタイプの一部が対応しています。 

「あつめ」「いつもと同じ」「ぬるめ」そして「さらにぬるめ」の4つのモードから最適な湯温を設定できます。


「ウルトラファインバブル入浴」0.001mm未満の微細な泡を発生させる機能

フルオートタイプのエコキュートに、別売りのウルトラファインバブルアダプターを取り付けることで利用できます。 

温浴効果、美肌効果、そして洗浄効果をもたらしてくれることから、毎日のバスタイムがより快適で充実した時間となるでしょう。


「ツイン給湯」異なる場所で使用する湯温を調整できる便利な機能 

体を温めたいのでお風呂は40℃、手荒れを防ぎたいので台所では38℃のように、利用する方の好みに応じて設定できます。 

給湯専用らくタイプ以外に搭載されています。


2か所で同時給湯ができる便利な機能

給湯圧力が高いため、シャワーと洗い物を同時に行っても快適にお湯を利用できます。

基本的にはすべての給湯タイプで利用できます。


「昼間シフト機能」太陽光発電をかしこく利用する機能

夜間の沸き上げ量を調整し、沸き上げの時間帯を翌日の昼間にシフトします。 

昼間の沸き上げには太陽光発電の余剰電力を利用するため、より光熱費の節約が可能です。 

太陽光発電を取り入れているご家庭に嬉しい機能と言えるでしょう。 

基本的にはすべての給湯タイプに搭載されています。


「パワフル高圧給湯」「高圧給湯」と高い水圧

高圧給湯の210kPaは、2階にある浴室でも快適にシャワーを利用できる水圧です。 

元々の給湯圧力が低い場合には、十分な水圧が得られないことがありますが、よりスピーディーなお湯張りや、パワフルなシャワーを体感したい方は「パワフル高圧給湯」に対応した機種を選びましょう。


「スマート貯湯」搭載したセンサーで湯温や湯量を検知・管理する機能

常に湯温や湯量を調節してくれるため、特にお湯張りの際に役立ちます。 

お湯が十分に沸ききっていない場合、貯湯タンクユニットの適切な位置にお湯を入れて、湯温や湯量の調整を行います。 それにより、お湯切れを防ぎやすくなっています。 

基本的にはすべての給湯タイプに付いています。


「ターボ沸き上げ」沸き上げ能力の調整機能

秋冬の気温が低い日には、エコキュートの沸き上げ能力が低下します。 

沸き上げる時間が長くなり、電気代の高い時間帯にずれ込むことが考えられるでしょう。 

ターボ沸き上げは、沸き上げ効率を上げ、割安な時間内に沸き上げられるようサポートしてくれます。 

基本的にはすべての給湯タイプで利用可能です。


「チャイルドロック機能」搭載

お子様が入浴中に誤って操作してしまうことを防げるため、小さなお子さんがいるご家庭にお勧めの機能です。 

基本的にはすべての給湯タイプで利用可能です。

「沸き増し能力アップ」機能

お湯切れしそうになったタイミングで、自動的にパワフルな沸き増し運転を実施します。 

通常の1.3倍の加熱能力によって、短時間にお湯を沸き上げられるので、お湯切れするリスクを軽減できます。 

基本的にはすべての給湯タイプで利用可能です。


非常用水コックを標準装備

断水のような非常時には、貯湯タンク内の水やお湯を生活用水として利用できます。 

貯湯タンクのお湯が高温であるケースも考えられますので、使用する際はヤケドに十分注意してください。 

飲用はできませんので注意してください。


「あらかじめ霜取り機能」

沸き上げ運転後、室外機に霜が付着していたら、すぐに霜取り運転を開始する機能

急な沸き増しが必要な事態に備えられるため、寒冷地で利用される方にとってなくてはならない機能と言えます。

基本的にはすべての給湯タイプに付いています。


降雪対応ファン設定

降雪によりヒートポンプユニットの送風ファンが動かなくなることを防ぐ設定です。 

一般地仕様ならリモコンで設定できますが、寒冷地仕様だとそもそもオンオフの切り替え機能はありません。 

基本的にはすべての給湯タイプに対応しています。


「自動ふろ配管洗浄」配管内を清潔に保つ※フルオートタイプ限定の機能

追い焚きや保温の際、ふろ配管に水を通し、内部の汚れた水を押し流してくれます。

ただし、配管に付着した汚れを完全に洗浄できるわけではないため、最低でも半年に一度は洗浄剤を使用した配管洗浄を行いましょう。



以上のようにダイキンエコキュートには様々な魅力的な機能が搭載されています。

どのメーカーにしようか迷っていたらダイキンエコキュートを選んでみてはいかがでしょうか。

機能の有無は、販売時期や機種等によって細かく異なります。 

詳しくはDAIKINホムページでご確認ください。



閲覧数:3回0件のコメント

Comentários


bottom of page