top of page
  • ad-production7

マンションでの給湯器交換 流れと費用

更新日:2月8日



10年が寿命といわれている給湯器。そのため、同じマンションに10年以上お住まいの方は交換の検討とをおすすめします。

また、入居から10年経っていなくとも、入居された段階で既に給湯器を設置されて可能性もあります。

マンションにお住まいの方は、設置してある機器が新しいものに交換されているかどうか一度確認しておきましょう。



分譲マンションでの給湯器交換の流れ 分譲マンションでの給湯器交換の流れは、以下の一般的な手順に従うことが一般的です。ただし、具体的なプロセスはマンションの管理組合や業者によって異なる可能性がありますので手順を確認する際には関係者との相談が必要です。

1.問い合わせと相談

まず、給湯器の老朽化や故障などの理由で交換が必要となった場合、管理組合やマンションの管理会社に問い合わせて、交換の必要性を伝えます。

2.調査と見積もり

管理組合や管理会社が専門業者に給湯器の調査を依頼し、交換が必要かどうか、どのような給湯器が適しているかなどを検討します。

必要に応じて、業者から見積もりをもらい費用や工程についての情報を取得します。

3.管理組合の承認

見積もりや計画がまとまったら、管理組合の審議や承認が必要です。手続きや文書手続きはマンションの規約に基づいて行われます。

4.業者の選定

管理組合が承認したら、適切な資格や経験を持った給湯器交換業者を選定します。公正な入札や提案依頼などのプロセスがあるかもしれません。

5.施工準備

施工前には、工事の日程や進捗について住民への事前通知が行われることがあります。

必要な許可や手続きがあればこれらを整えます。

6.給湯器の交換工事

業者が指定された日程に基づいて給湯器の交換工事が行われます。施工中には、騒音や工事の進捗状況を住民に周知することが通例です。

7.施工完了と報告

工事が完了したら、住民に対して報告が行われ施工が確認されます。新しい給湯器の使用方法や注意事項についての説明も行われることがあります。

8.アフターサービス

施工後、問題や不具合が発生した場合に備えて、業者がアフターサービスを提供することもあります。

分譲マンションの場合は、管理組合が中心となって進行されることが一般的です。したがって、住民としては管理組合や管理会社とのコミュニケーションを大切にし、手順についての確認を行うことが重要です。 賃貸マンションでの給湯器交換の流れ

賃貸マンションにおいて給湯器は基本的に貸主の所有物という扱いになります。

そのため、経年劣化による給湯器交換は、貸主が行うこととなります。

業者の手配なども貸主が進めてくれるため、賃貸マンションにお住まいの場合はご自身で進める手順はほとんどありません。


正直屋は、分譲マンションにお住いの方や賃貸マンションのオーナーの方々に向けて、最適な給湯器をご提案します。ぜひお問合せください。


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page