top of page
  • ad-production7

レンジフードの照明が点灯しない!原因と対処法



レンジフードの照明が点かなくなったとき、考えられる原因や対処法、電球の交換方法についてご紹介します。




レンジフードの照明が点灯しない原因と対処法


電球が切れている

電球が寿命を迎えることが、照明が点かなくなる1番多くの原因です。使用しているレンジフードの使用製品の表示や取扱説明書で指定されている電球に交換してください。


電球が緩んでいる

電球がきちんと取り付けられてないことで明かりが点かない場合もあります。

スイッチを切り、ランプカバーを開け電球が緩んでないかご確認ください。


電源スイッチが入っていない

表示ランプは点灯していますか?照明付きレンジフードの場合、照明は点灯していますか?

スイッチの切り替えが甘くなっている場合、スイッチの故障が考えられます。

スイッチ本体の故障以外にも、スイッチと照明器具を繋ぐ配線コードが故障している恐れもあります。メーカーに点検の依頼をしましょう。


ブレーカーが落ちてる

分電盤を確認し、キッチン(もしくはレンジフード用)の個別ブレーカーが「切」になっていないか確認しましょう。入れ直してもまたブレーカーが落ちるようなら、漏電している可能性があり危険です。電力会社に、点検や確認の依頼をするようにしましょう。


停電している

お住まいの地域全体が停電しているのか調べてください。停電の場合は復旧までお待ちください。


機器の劣化

レンジフードの照明のソケットが劣化すると、接触が悪くなってしまいます。

耐用年数は約10年ですので、それ以上使用している場合はメーカーに点検の依頼をするか、機器の交換を考えましょう。


その他の原因

上記の対応をしても点灯しない場合は、配線設備の問題、送電設備の不具合、スイッチや配線の故障、これらが原因かもしれません。メーカーや電力会社に点検を依頼しましょう。

【レンジフード 電球の選び方】

レンジフードの電球を選ぶ際のポイントを確認しましょう。


ワット数

電球には上部、もしくはソケット付近にワット数が「W」と表記されています。

ワット数は消費電力を表す単位で、ワット数が高ければ明るく消費電力も高くなります。

照明器具の規格を超えたワット数の電球を使うと、部品が溶けたり発火したりと様々な事故を起こす恐れがあるので、注意しましょう。


口金のサイズ

電球には上部、もしくはソケット付近にワット数が「W」と表記されています。口金は電球の根本にある金属部分のことで、電気を電球へ送る役割を果たしています。

一般的に家庭で使われるのは「E26」「E17」「E11」と呼ばれるサイズで、サイズが異なる電球は設置できないため注意が必要です。


ボルト数

ボルト数とは電圧のことで、「V」と表記されています。

日本国内では地域によって100ボルト、もしくは110ボルトと決められています。

電圧が高い地域で110ボルトの電球を使用すると、長時間使用することができる場合があります。


電球の種類

白熱電球:価格が安いのが特徴で、寿命は1,000~2,000時間程度です。

蛍光灯(電球型):電球が渦を巻いている、もしくはU字の形状で、白色の光を放ちます。

消費電力は白熱電球の4分の1ほどで、寿命は6,000~12,000時間程度で白熱電球の約5倍です。

LED:価格は高めですが、消費電力が低く寿命が約40,000時間あるので、電気代を安く抑えられます。





レンジレンジフードに合う電球は?


レンジフードによく使われる規格の電球


ミニ電球

ワット数:40W

口金サイズ:E17

ボルト数:100V






電球を交換する際の注意点


ブレーカーを落とす:ブレーカーを落としていないと、漏電や感電などの事故に繋がる恐れがあります。


電球を締めすぎない:電球をきつく締めすぎると、電球が割れたり、ソケットの破損、次の交換の際に外れにくくなる可能性があります。

しかし締め付けが弱いと、電球と照明器具が離れる、電球の寿命が縮まる、火花が散るといった問題が発生する恐れがあります。

電球を締める際はきつすぎず緩すぎず、電球が自然と止まる場所を判断するようにしましょう。


安定した足場で行う:電球を交換する際は転倒や転落の恐れがあるので、ぐらぐらしない安定した足場を使いましょう。




レンジフードの電球は、大体同じ規格のものが使われています。もちろん、機器によって上記の企画と異なる電球を使用するものもあるので、取扱説明書などを確認するようにしましょう。


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page