top of page
  • ad-production7

レンジフード スリム型とブーツ型の違い



レンジフードは調理により発生する煙や匂いを屋外へ吐き出す必需品。

そんなレンジフードのタイプやメリット・デメリットについてご紹介します!

レンジフードの役割


前述した通り、調理により発生する煙や匂いを吸い込み、屋外へ排出するのがレンジフードの役割です。

レンジフードはガスコンロやIHクッキングヒーターの上部に設置されており、覆い部分であるフードと、内部のファンが一体となったものです。

フードの形状は主流なものですと大きく分けて2種類、ファンも大きく分けて2種類あります。 レンジフード フードの形状の種類 ブーツ型 本体が間口の広いブーツに似ている形状で、広く普及したタイプです。

スタンダード型とも呼ばれています。

●メリット

・価格が安い

・空気の吸い込み口が広く、換気性能に安定感がある

●デメリット

・内部が複雑なため、掃除がしにくい

・定期的にフィルターの交換をする必要がある

●こんな方におすすめ

ブーツ型の特徴はなんといっても価格が安いところです。

調理の煙を集める性能は充分備わっているので、とにかく初期費用を抑えたい方、シンプルな機能のみでいい方におすすめです。 スリム型 面に並行したフラットボディで、スタイリッシュなデザインのスリムタイプ。

最新の製品はスリムタイプのレンジフードが多いです。 ●メリット

・デザイン性が高い

・掃除がしやすい

・高機能なものが多い

●デメリット

・価格が高い

●こんな方におすすめ

スリム型のレンジフードは継ぎ目がなくシンプルな構造で拭き掃除がしやすく、ノンフィルタータイプも多いので掃除の手間をなくしたい方にとてもおすすめです。

オイルマッシャーやガスコンロ連動など、便利な機能が備わっているものもあるので、ブーツ型からスリムへの交換をされる方もたくさんいらっしゃいます。 ブーツ型からスリム型への交換 キッチン取付け隊では、レンジフードの取替え工事を多数行って参りました!

もちろん、ブーツ型からスリムタイプへの交換も可能です。 ・10年以上使っている

・異音がする

・喚起力や吸引力が低下した

上記に当てはまる場合は、点検や取替えを検討しましょう。

新たなレンジフードを購入する際、機能や価格はもちろん重要ですが、デザインやカラーなどをインテリアの一部として選ぶ方が多いです。

レンジフードを交換するとキッチンの印象がガラッと変わるので、なんだかワクワクしますよ‼

閲覧数:6回0件のコメント

Commenti


bottom of page