top of page
  • ad-production7

古い給湯器を使い続けるのは損!給湯器交換でガス代が安くなる‼



毎日のお風呂やキッチンで欠かせない給湯器は、長年使用していると故障や老朽化が進み、交換が必要になることがあります。古い給湯器を使い続けることは、ガス代が高くなるというデメリットがあります。この記事では、給湯器交換でガス代が安くなる理由と、交換を検討すべきタイミングについてご紹介します。


■ ガス代の平均額と古い給湯器のデメリット

総務省統計局が毎年実施している家計調査によると、2022年の全国の世帯人数別のガス代の平均額は以下の通りです。

  • 1人暮らし:3,485円

  • 2人暮らし:5,482円

  • 3人暮らし:7,111円

  • 4人暮らし:8,643円

しかし、古い給湯器を使い続けると、この平均額よりも大幅にガス代が高くなる可能性があります。その理由は以下の理由でエネルギー効率が悪くなるからです。

  • 経年劣化による部品の損傷

  • 断熱材の劣化による熱損失

  • 燃焼効率の低下

このことから、同じ量のお湯を沸かすのにより多くのガスが必要になります。


■ 給湯器交換でガスの使用量を減らせる理由

最新の給湯器は、省エネ性能が大幅に向上しているので、

  • 高効率な熱交換器

  • 自動的に最適な燃焼量を調整する機能

  • 追い焚き機能の省エネ化

このような機能でガスの使用量を減らすことができます。


例えば、20年以上前の給湯器から最新のエコジョーズに交換すると、ガス使用量を約30%削減できると言われています。


■ 給湯器を交換した方がいいタイミング

給湯器は、設置してから10年程度経ったタイミングが交換の目安です。以下のようなサインが出たら、早めに交換を検討しましょう。

  • お湯の出が悪くなった

  • 水漏れが発生した

  • 異音がするようになった

  • ガス代が高くなった

古い給湯器を使い続けることは、ガス代が高くなるだけでなく、故障リスクも高まります。給湯器の交換を検討して、賢く節約しましょう。

正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。

閲覧数:3回0件のコメント

댓글


bottom of page