top of page
  • ad-production7

太陽光発電とエコキュートの組み合わせで節約できる!メリットやデメリットについて



太陽光発電といえば、これまで余剰買取が一般的な運用方法でした。

しかし、「売電」から「自家消費」という動きへ変わりつつあります。

そこで注目されている組み合わせの1つが、太陽光発電とエコキュートです。

そこで今回は、太陽光発電とエコキュートの組み合わせによるメリットやデメリットについて分かりやすくご紹介します。 太陽光発電とは 太陽光発電とは、太陽光を利用して電気を生成する方法です。太陽光発電システムは、太陽光を受け取る太陽電池パネルから発電された直流電力を、インバーターを使って交流電力に変換し、家庭やビジネスなどで利用できる電力に変換します。太陽光発電は再生可能エネルギー源であり、地球環境への負荷が少ないことから、近年注目を集めています。 太陽光発電とエコキュートの組み合わせると? 太陽光発電とエコキュートを併用するとどうなるのでしょうか。その内容をご紹介します。 太陽光発電で発電した電気をエコキュートへ供給 太陽光発電で発電した電気は、自宅の照明やコンセントの他、エコキュートへ供給することが可能です。

太陽光発電とエコキュートを併用することにより、電気を連携させることができます。

通常、エコキュートの電源回路は、電力会社から送電されている配線と接続されています。

そこで施工会社・販売店へエコキュートと太陽光発電の連携を依頼すれば、電力会社と太陽光発電の電気をどちらも活用できるよう接続工事を進めてもらえます。 多くのメーカーでは太陽光発電対応のエコキュートが販売 多くのメーカーでは、太陽光発電と連携可能なエコキュートを開発・販売しています。

具体的には、パナソニックや日立、三菱、ダイキンなどで太陽光発電対応のエコキュートが製造されています。

そのため、太陽光発電とエコキュートの連携というのは、比較的簡単な接続工事であり運用方法です。

ただし、必ず太陽光発電に対応しているということではないため、販売店や施工会社へエコキュートの対応状況を確認しておく必要があります。 太陽光発電とエコキュートの連携メリット 太陽光発電とエコキュートの連携によって得られるメリットを紹介していきます。 深夜電力による給湯よりコストを抑えられる 太陽光発電とエコキュートをよりお値打ちに連携させたい場合は、深夜電力プランを活用するのがおすすめ。

エコキュートは、元々時間帯別プランの活用によって経済的メリットを得られる仕組みでした。

具体的には、夕方~深夜帯に電力量料金が安くなる深夜電力プランへ加入することで、特定の時間帯にお湯を沸かすと電気料金を削減できました。

しかし、電気料金の高騰に伴い、時間帯別プランによる電気料金効果が少なくなってきています。

太陽光発電の電気をエコキュートで自家消費した場合は、電力会社から買電量を抑えられますし、電気料金の高騰に左右されずに済みます。

また、エコキュートにかかる電気料金2,000円前後は、全額削減することが可能です。 効率よくお湯を沸かすことが可能 効率よくお湯を沸かすことができるのは、太陽光発電との連携メリットといえます。

エコキュートで効率よくお湯を沸かせる時間帯は、外気温の高い日中です。

太陽光発電は昼間に発電効率が高いため、エコキュートを効率的に稼働させられる時間帯とマッチしていて、短時間で沸き上げすることができます。

このようにエコキュートの稼働時間という点でも太陽光発電は、相性の良い発電です。

深夜や朝より日中や夕方の方がエコキュートを使用する方は、特に太陽光発電の設置を検討してみてはいかがでしょうか? 自家消費しても余った電気を有効活用できる 太陽光発電で発電した電気が余っている場合は、エコキュートの設置と自家消費によって電力の損失を軽減することが可能です。

卒FIT後に電力会社と契約して売電する場合は、1kWhあたりの単価8~9円となります。

固定買取価格は11円~なので、卒FIT後に売電を続けても収支バランスを維持するのが難しい場合もあります。

ただし、全量自家消費へ切り替えたとしても、電気が余ってしまえば経済的メリットは限定的です。

エコキュートで自家消費すれば、余った電気を有効活用できますし、電気料金削減効果を伸ばせます。 太陽光発電とエコキュートの連携デメリット 太陽光発電とエコキュートの組みわせによるデメリットをご紹介します。 停電時に稼働できない可能性がある 停電時には太陽光発電とエコキュートは連携できない可能性があります。

エコキュートは、一般的な家電製品や電気製品と異なりより高圧の電力を必要とします。

太陽光発電を自立運転モードへ切り替えることで、停電時でも電気を供給できるものの、対応していない機器もあります。 太陽光発電とエコキュートの連携によって光熱費削減を狙える! このように太陽光発電で発電した電気は、エコキュートへ供給することが可能です。

エコキュートの交換を検討している方は、節約効果が期待できる太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか?




閲覧数:7回0件のコメント

コメント


bottom of page