top of page
  • ad-production7

故障?台所のレンジフードが回らない原因





レンジフードは調理中に発生する油や煙、においを吸い込んで排気し、キッチンを快適な空間に保つ役割があります。そのため、レンジフードが動かなくなると、室内の空気が悪くなるばかりか、油汚れや煙が排出されず、キッチンの壁や床、天井にまで汚れが付着してしまいます。

レンジフードが動かない場合は、早急に原因を突き止め、対処することが大切です。






レンジフードが動かなくなる原因



油汚れ

レンジフードに蓄積した油やホコリなどの汚れも、レンジフードが動かなくなる原因になります。油汚れでファンが重くなるとモーターに大きな負荷がかかり、換気の際に音がうるさくなったり、うまく回らなくなったりします。

 そのまま使い続けると、モーターの回転のバランスが崩れ、モーター内部の軸が変形して動かなくなってしまうことも。

油汚れは嫌なにおいを発生させる原因にもなるため、定期的に掃除することが大切です。



電気回線不良

電気回線の接触不良や断線などによって、突然レンジフードが動かなくなるケースがあります。掃除の際に水や洗剤がモーターなどの電気部品にかかり、電気回線がショートしてしまっている可能性があります。電気回線の不具合の対処には専門的な知識が必要なため、設備の専門業者に点検してもらうことをおすすめします。



部品の故障

レンジフードが動かない原因として、部品が故障しているケースも考えられます。

モーターやファンなど、レンジフードの部品がどれか1つでも故障してしまうと動きません。また、スイッチ部分は、金具やバネが破損して電源が入らなくなることがあります。



経年劣化

レンジフードにも寿命があり、メーカーが定める標準使用期間は10年程度といわれています。使用頻度やお手入れの状況によっては、もっと早くに不具合が目立つことも。

 こまめに掃除などのお手入れをしていても、蓄積された細かな汚れや部品などの経年劣化を防ぐのは難しいです。10年近く使用しているレンジフードは、修理をしても故障を繰り返す可能性が高いため、交換を検討しましょう。





レンジフードが動かなくなる予兆

 レンジフードが故障して動かなくなる前に、何らかの症状が現れる場合があります。

次のような症状が出た場合には、レンジフードの使用を中止して、状況を確認してみてください。


  • レンジフードから異音がする

  • レンジフードが不規則に動き、振動がする

  • 吸い込みが悪い

 

「カラカラ」や「ゴー」といった異音や不自然な振動がする場合は、部品の劣化や潤滑油の不足など、何らかの不具合が起きています。吸い込みが以前より悪いと感じる際も、モーターの不具合や本体の劣化などが考えられ、換気性能が大幅に落ちているサインです。

使い続けるとレンジフードが動かなくなる可能性があるので注意しましょう。







まとめ

レンジフードが動かないを予防するには、とにかくこまめな掃除をすることが重要です。

換気扇やレンジフードで一番多いトラブルは、「回らない」「動かない」「吸込まない」という症状です。その原因の多くが経年劣化です。レンジフードに使われているモーターが磨耗し、回らない・動かない・吸込まないといったトラブルを起こします。またスイッチ部分やリモコンが劣化・磨耗することにより、動かなくなってしまうことがあります。 また、レンジフードの寿命は8~10年といわれています。取り付けから10年前後が経過している換気扇やレンジフードは、本体の寿命が来たとも考えられます。

動かなくなってしまう前に交換を検討することをお勧めします。

閲覧数:2回0件のコメント

Komentarai


bottom of page