top of page
  • ad-production7

水無両面焼きグリルとは




ガスコンロの魚焼きグリルには「水有りタイプ」のグリルと「水無しタイプ」のグリルがあります。

特に古いコンロや、安いコンロでは魚を焼く時に、グリルに水を入れるのですが、これがとても面倒な作業で、尚且つ、グリルを流しに運ぶ際に水をこぼしやすいと言ったデメリットがあります。では、なぜこんな面倒な手間を掛けてまで、「グリルに水を入れるのか?」



なぜ、グリルに水を入れるのでしょうか?

魚等を焼いているときに高温になった魚の油が染み出しきます。

その高温の油が、高温のグリルの鉄板に落ちると、油が発火温度になり火災等の原因となります。グリルの鉄板部分に水があることで、落ちた油を冷やすことができ、火災などの危険を回避しています。そのために魚焼きグリルには水を入れているのです。


さらに発火の抑制だけでなく、グリルに水をいれることで、もう一つ大事な効果を得ています。それは油が水により冷えることで、煙が立たなく、匂いの充満を防いでいます。


魚焼きグリルの水は、「発火予防」と「煙抑制」さらに「匂いの充満を抑える」という

大事な効果がある事がわかりました。




水なしでも「発火予防」「煙抑制」「匂いの抑制」の効果

水を入れる作業と、運びにくい水が入ったグリルを流し台まで持っていく作業は面倒で、手間ですよね?この面倒くささから、魚を焼かないと言う方も最近では少なくありません。


そこで、メーカー各社さんも考え 「水なしのグリル」を開発したそうです。


水なしでも水ありと同じ効果がでるのか?

グリルは上段(上火)と下段(下火)の2つのバーナーで構成されていますが、水ありグリルは、下火バーナーがグリルの受け皿を高温にしてしまうので、水を入れ、発火温度になるのを防いでいます。


水なしグリルの下火バーナーには「整流板」が付いています。炎の熱は上へグリルの受け皿に当たる部分には冷えた空気が流れるようになっています。下の受け皿が高温になることを防ぎ、発火を防いでいます。


受け皿のお手入れが簡単に

また、受け皿が高温にならないということで、高温に弱い「フッ素」や「クリアコート」を受け皿に使用することができ、お手入れ性が格段に向上しました。


水なしで魚も美味しくカリカリに!

実は、水なしグリルはお手入れや安全性だけでなく、美味しさにも関係しています。

水ありグリルは、どうしても下の水から水蒸気がでて、焼いたものが、ベタベタになってしまいます。水なしグリルだと、水蒸気が一切ありませんので、料理もこんがりカリカリに出来上がります。









閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page