top of page
  • ad-production7

沿岸部で潮風にあたりやすい地域に。耐塩害仕様の給湯器について


四方を海に囲まれている日本。沿岸部で潮風にあたりやすいなど 塩害が懸念される地域で給湯器を設置される時は耐塩害仕様品の商品がおすすめ。給湯器が腐食する原因となる場合がある塩害地域には、塩害を防ぐ仕様の給湯器の使用をおすすめします。


塩害とは 塩害とは、塩分が過剰に含まれることによって引き起こされる植物や土壌の障害を指します。塩害は、特に乾燥地域や灌漑が行われている農地でよく見られます。土壌中の塩分濃度が高くなると、植物の生育に影響を与え、収量や品質を低下させる可能性があります。塩害は農業にとって深刻な問題であり、土壌の塩分濃度を管理するための対策が重要です。

各メーカーにおける耐塩害仕様品の仕様 ●リンナイ

リンナイの屋外設置タイプの給湯器は、標準仕様品でも前板・本体にサビにくく、腐食に強い塗装を施し、(一社)日本冷凍空調工業会規格(JRA9002)の耐塩害仕様をクリアしています。

●ノーリツ

ノーリツは標準仕様品においてもフロントカバー・本体・関連部材※に錆びにくい材質や塗装を施して(一社)日本冷凍空調工業会規格(JRA9002)の「耐塩害仕様」をクリアしています。

※一部、非対応の部材があります。GT-C72/70シリーズ以外の準標準色・特注色は除きます。

●パロマ

パロマの給湯器は、標準仕様品で塩害対応になっています。通常塗装よりも“塩”による耐食性に優れた仕様になっています。潮風の影響や沿岸に近い地域でも赤錆の発生を軽減します。

※特注色は塩害非対応です。

※塩害対応は“塩”に対しての効果となります。その他腐食性のガス等が影響した場合は赤錆が発生する事があります。 正直屋では耐塩害仕様の給湯器をお取り扱いしています。 ぜひお問合せください‼

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page