top of page
  • ad-production7

給湯器から異音がすると危険?注意すべきポイント

更新日:2月9日



給湯器は、長年使用していると様々な異音が発生することがあります。異音は、給湯器内部の故障や老朽化のサインであり、放置すると重大な事故に繋がる可能性もあります。この記事では、給湯器から聞こえる異音の種類と原因、そして適切な対処法について詳しく解説します。


注意したい給湯器の異音と考えられる不具合

音の種類

考えられる不具合

ピーッ

異常警報

キーン

ファンモーターの故障

ゴーッ

風圧による共鳴、燃焼音、水漏れ

ポコンポコン

循環ポンプの異常

ボンッ

ガス漏れ、不完全燃焼

給湯器から音が聞こえても正常な場合

給湯器は機械なので、使用中に音が発生するのは必ずしも異常ではありません。以下の音は、正常な状態で発生する音の一例です。

  • ブオーン:燃焼音

  • グワン:水流音

  • ウーン:ファンモーターの動作音

これらの音は、一定の音量で規則的に鳴り時間とともに自然に消えるのが特徴です。


給湯器から異音がする場合の対処法


1. ガスの臭いを確認

給湯器が「シューッ」という異音が出てくる場合、ガス漏れの可能性があります。ガスの臭いが確認できれば、すぐに使用を中止し、速やかに専門業者に連絡してください。

2. エラーコードを確認

リモコンにエラーコードが表示されている場合は、取扱説明書でエラー内容を確認し、適切な対処法を調べましょう。

3. 排気口や排気管を確認

排気口や排気管が詰まっていると、異音が発生する可能性があります。排気口や排気管の掃除を行い、改善されない場合は、専門業者に確認を依頼しましょう。

4. 音の種類や鳴るタイミングを確認

異音の種類や鳴るタイミングを記録しておくと、原因特定に役立ちます。


異音がする給湯器を使い続けるのは危険!修理・交換の検討を

給湯器から異音が聞こえた場合は、放置せずに原因を特定し、適切な対処をすることが重要です。異音が頻繁に発生する音の大きさが気になるエラーコードが表示されるなどの場合は、速やかに専門業者に点検・修理を依頼しましょう。

長年使用している給湯器は、故障のリスクが高くなります。異音が頻繁に発生する場合は、修理よりも交換を検討することも大切です。 正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page