top of page
  • ad-production7

給湯器が点火しない!その原因と困ったときに対応すべきこと

更新日:2月9日


お風呂やキッチンで突然お湯が使えない!こういうトラブルは、ガス給湯器でお湯が温まらなくなってしまう点火不良が原因かもしれません。この記事では、給湯器の点火不良について詳しく解説します。


点火不良になる原因


1. 点火装置の故障

点火装置は、ガスに火花を飛ばして燃焼させるための装置です。点火装置が故障すると、お湯が沸かなくなります。

2. 点火装置に水が入った

雨風の吹き込みなどによって、点火装置に水が入ってしまうことがあります。点火装置に水が入ると、火花が飛ばなくなり、点火不良になります。

3. ガスの供給が止まった

ガスメーターの残量が不足していたり、ガスの供給が停止していたりすると、給湯器は点火しなくなります。


点火不良以外にも落雷による給湯器の動作停止や断水による給湯器の動作停止で点火が止まる場合もあります。


給湯器が点火しないときの対処法


1. エラーコードの確認

リモコンにエラーコードが表示されている場合は、取扱説明書でエラー内容を確認し、適切な対処法を調べましょう。

2. ガスメーターのチェック

ガスメーターの残量不足やガスの供給停止を確認しましょう。

3. ガス元栓の確認

ガスの元栓が開いていることを確認しましょう。

4. 取扱説明書を確認

取扱説明書に記載されている点火方法を確認し、正しく操作していることを確認しましょう。

5. 専門業者に連絡

上記の方法で解決できない場合は、専門業者に連絡して点検・修理を依頼しましょう。


給湯器の点火不良は、原因を特定してから専門業者に連絡することが重要です。 正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。




閲覧数:12回0件のコメント

Comments


bottom of page