top of page
  • ad-production7

給湯器による一酸化炭素中毒とは。予防と対策を紹介

更新日:2月9日



一酸化炭素中毒は、一酸化炭素が含まれた空気を吸った場合に起こる非常に危険な中毒症状です。一酸化炭素は無味無臭で、目に見えないため、気づかないうちに中毒してしまう可能性があります。


一酸化炭素中毒の症状

  • 0.1%近くになると、短時間で頭痛やめまい、吐き気などの症状が現れます。

  • 2時間程度で失神し、30分以上この濃度の空気にさらされると死に至る可能性があります。

  • 0.3%以上になると、30分以内に死亡してしまう可能性があります。


給湯器による一酸化炭素中毒事故は、ガスの不完全燃焼が原因で起こります。ガスの不完全燃焼は、酸素不足によって引き起こされます。


一酸化炭素中毒事故が起こりやすいケース

  • 屋内設置型かつ不完全燃焼防止装置のないガス機器を使用している場合

  • 使用中に火が消える

  • 前面の塗装部の変色

  • 炎があふれる

  • すすの付着

  • 不快な臭い

  • 異常な過熱

  • 屋外設置型かつガス機器が塀や隣家と接近している場合

  • 給湯器の吸排気口や排気筒に埃やゴミが詰まる


給湯器による一酸化炭素中毒事故を予防する方法

  • 定期的な点検とメンテナンス

  • 専門業者による定期的な点検とメンテナンスは、不完全燃焼を防ぎ、一酸化炭素中毒事故を予防するために重要です。

  • 予防機能付きの給湯器に変える

  • 不完全燃焼防止装置や一酸化炭素警報装置など、一酸化炭素中毒を予防する機能が搭載された給湯器に交換することをおすすめします。


一酸化炭素中毒の疑いがある場合

  • 速やかに換気を行う

  • 頭痛やめまいなどの症状がある場合は、すぐに医師に相談する

  • 一酸化炭素警報器を設置する


給湯器による一酸化炭素中毒は、非常に危険ですが、予防策を講じることで防ぐことができます。定期的な点検とメンテナンス、予防機能付きの給湯器への交換、一酸化炭素警報器の設置などを徹底し、安全な暮らしを守りましょう。 正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。



閲覧数:7回0件のコメント

コメント


bottom of page