top of page
  • ad-production7

給湯器の「冷水サンドイッチ現象」とは?

更新日:2月9日



快適なはずのシャワータイムなのに、突然冷たい水が出てきてびっくりした経験はありませんか?これは「初めに熱いお湯が出る→冷たい水に変わる→適温のお湯に戻る」という症状で、熱いお湯と冷たい水がサンドイッチされているようなことから呼ばれています。


冷水サンドイッチ現象はなぜ起こるのか?


1. 古い給湯器の場合構造上起こる

古いタイプの給湯器は、お湯を沸かす際に一度水を止めてしまう構造になっています。そのため、シャワー使用中に他の蛇口からお湯を使うと、一時的に冷たい水が流れてしまうことがあります。

2. 水圧の変化

水圧が変化すると、給湯器の温度センサーが誤作動を起こし、冷水サンドイッチ現象が発生する可能性があります。

3. サーモスタット式水栓の不具合

サーモスタット式水栓はレバー操作でお湯の温度と水量を自由に調整できる水栓です。レバーを回す角度によって、お湯の温度が一定に保たれています。この水栓の故障や劣化によって、温度調整がうまくできなくなり、冷水サンドイッチ現象が起こる場合があります。

4. 給湯器の不具合

給湯器本体に不具合が発生している場合も、冷水サンドイッチ現象が起こる可能性があります。

冷水サンドイッチ現象が起こった時の対処法


1.給湯器を新しくする

最新の給湯器には、冷水サンドイッチ現象を防ぐ機能が搭載されているものがあります。給湯器の交換を検討してみてはいかがでしょうか?

2.自動的に温度調整するサーモスタット式の水栓に交換する

サーモスタット式水栓は、水温を一定に保つ機能が搭載されています。サーモスタット式の水栓に交換することで、冷水サンドイッチ現象を改善できる可能性があります。


故障かもしれないと思ったら早めに給湯器交換を

冷水サンドイッチ現象は、給湯器の故障が原因で起こっている可能性もあります。症状が頻繁に起こる場合は、早めに専門業者に相談し、修理や交換を検討することをおすすめします。

正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。冷水サンドイッチ現象でお困りの方は、ぜひ正直屋にご相談ください。 \


閲覧数:6回0件のコメント

Comentários


bottom of page