top of page
  • ad-production7

給湯器の交換は自分でしてはいけない!おすすめできない理由とは

更新日:2月8日



給湯器は、長年使用していると故障や老朽化が進み、交換が必要になることがあります。いざ給湯器交換をしようと考えたとき、「自分で交換すれば費用が節約できるのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、給湯器交換はDIYでしないことを強くおすすめします。その理由と、業者に依頼するメリットについて詳しく解説します。


給湯器交換をDIYすべきではない理由

1. 故障や事故のリスクが高くなる

給湯器は、ガスを使用する設備です。ガス漏れや火災などの重大な事故につながる可能性があり、専門知識や技術がない人が作業を行うのは非常に危険です。

2. 作業内容によっては資格が必要

給湯器の設置・接続には、液化石油ガス設備士やガス消費機器設置工事監督者などの資格が必要となります。資格を持っていない人が作業を行うと、法令違反になる可能性もあります。

3. もしDIYしてもかかる費用は変わらない

給湯器本体の費用は、DIYで交換しても業者に依頼してもほとんど変わりません。さらに、DIYで失敗した場合、修理費用や部品代がかかってしまう可能性もあります。


給湯器交換は業者に依頼するのが安心

安全性と信頼性を重視して、専門業者に依頼することを強くおすすめします。

業者に依頼するメリット

  • 経験豊富なスタッフが安全に作業を行う

  • 必要な資格を所有している

  • 万が一、事故が発生しても補償がある

  • 複数の業者から見積もりを取って、比較検討できる


給湯器交換は、DIYでせず、必ず専門業者に依頼しましょう。正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。




閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page