top of page
  • ad-production7

給湯器の使用中に起こりやすい不完全燃焼を知り、予防策を知っておこう

更新日:2月9日



 不完全燃焼とは、給湯器でガスを燃やす際に適切な酸素を取り込めないことによって起こる現象です。給湯器の使用中に起こりやすいトラブルの一つである不完全燃焼は、人体にとって非常に危険な一酸化炭素が発生してしまう可能性があります。


■ 不完全燃焼の原因

  • 給湯器の経年劣化

  • 給湯器の水漏れを放置していた

  • 換気不足

  • 給気口や排気口の詰まり

  • 強風による給排気の妨害

■ 不完全燃焼を起こしているときの症状

  • 黒い煙が出ている

  • お湯の温度が安定しない

  • 異臭がする

  • 頭痛やめまいなどの体調不良

  • 一酸化炭素警報器が作動する

■ 不完全燃焼を未然に防ぐ安全装置

  • 立ち消え安全装置:火が消えた時に自動的にガス供給を停止する

  • 空焚き防止装置:水温が上がりすぎると自動的にガス供給を停止する

  • 凍結防止装置:冬場の寒さで給湯器が凍結するのを防ぐ

  • 過電流防止装置:給湯器の異常な電流を感知して停止する

■ 不完全燃焼の疑いがある場合

  • すぐに換気を行う

  • 給湯器の使用を中止する

  • 専門業者に点検を依頼する


給湯器の不完全燃焼は、一酸化炭素中毒という重大な事故に繋がる可能性があります。定期的な点検や安全装置の確認、換気の徹底などを行い、安全な使用を心がけましょう。 正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。



閲覧数:12回0件のコメント

Comentários


bottom of page