top of page
  • ad-production7

給湯器を交換するにあたって必要な資格とは?

更新日:2月8日



毎日の生活でお湯を出すには給湯器という設備が不可欠。しかし、長年使っていると故障や老朽化が進み交換が必要になることがあります。

そんな時に給湯器を交換する際、「必要な資格ってあるの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

給湯器交換には複数の資格が必要です。今回は、給湯器交換に必要な資格の種類、無資格業者の危険性ついてご紹介します。


給湯器交換に必要な資格の種類

給湯器交換には、主に以下の5つの資格が必要となります。

  • 液化石油ガス設備士:プロパンガスを使用する給湯器の設置・修理を行う際に必要

  • ガス可とう管接続工事監督者:都市ガスの配管接続を行う際に必要

  • ガス消費機器設置工事監督者:ガス給湯器の設置・接続を行う際に必要

  • 簡易内管施工士:給湯器内部の配管工事を行う際に必要

  • 第二種電気工事士:給湯器の電源工事を行う際に必要

これらの資格は、それぞれ専門的な知識と技術が必要となるため、無資格者が施工を行うことは非常に危険です。


無資格業者の危険性

無資格業者による給湯器交換は、以下のようなリスクがあります。

  • ガス漏れや火災などの事故

  • 工事不良による故障やトラブル

  • 工事保険等が適用されない

  • 法令違反による罰則

給湯器は、ガスを使用する設備です。ガス漏れや火災などの事故は、命に関わる重大な被害に繋がる可能性があります。

また、工事不良による故障やトラブルは、修理費用が高額になるだけでなく生活に大きな支障をきたす可能性もあります。

また、無資格業者による工事では、工事保険等が適用されない場合があります。万が一、工事に伴う事故が発生した場合、全て自己責任で対応しなければならなくなる可能性があります。



正直屋は全て有資格者のスタッフによる施工

正直屋では、全てのスタッフが上記の資格を保有

給湯器交換は、安全性と信頼性を重視することが重要です。正直屋は、お客様に安心・安全な給湯器交換を提供するために、これからも努力を続けてまいります。


正直屋は、無料の見積もりと明確な料金体系で給湯器の交換をご提案します。 ぜひお問合せください‼


閲覧数:7回0件のコメント

Kommentarer


bottom of page