top of page
  • ad-production7

給湯器を長持ちさせたい!メンテナンス方法を紹介します

更新日:2月8日


給湯器は、長年使用していると故障や老朽化が進み、交換が必要になることがあります。

給湯器は、何度も購入する設備機器ではないので、できるだけ長く使い続けたいものかと思います。この記事では、給湯器を長持ちさせるための方法と、定期メンテナンスの重要性について詳しく解説します。

給湯器を長持ちさせる方法

1.循環アダプターのフィルター清掃 給湯器を長持ちさせるためには、循環アダプターのフィルター清掃が必要です。フィルターは、汚れが溜まりやすいので定期的に清掃が必要です。フィルターが目詰まりすると、水量が減ったりエラーが発生したりする可能性があります。

2.凍結防止の対策をする 寒冷地では、特に給湯器が凍結する可能性があるため凍結防止の対策が必要です。そのため、保温材を巻きつけたり、寒冷地用の部品に交換することをおすすめします。

3.単機能給湯器を選ぶ

機能が多い給湯器は、部品点数が多く、故障しやすい傾向があります。長持ちさせるためには、機能がシンプルな単機能給湯器を選ぶのもおすすめです。

4.入浴剤を入れたら追い焚きをしない

入浴剤の中には、追い焚きすると成分が分解されて、浴槽や給湯器を傷める可能性があります。入浴剤を入れた場合は、追い焚きをしないようにしましょう。


その他にも、排気口や吸気口の掃除をすることもメンテナンスの確認事項の一つになります。使用しているときに異常を感じたら、すぐに業者に連絡しましょう。


古い給湯器で起こりうる危険性

古い給湯器は、危険性がともないます。

1.一酸化炭素中毒

ガスの不完全燃焼が起こると、一酸化炭素が発生し、中毒症状を引き起こす可能性があります。

2.火災・爆発事故

老朽化した部品が原因で、火災や爆発事故が発生する可能性があります。

3.漏電による感電

漏電が発生すると、感電する可能性があります。


長持ちさせるためには定期的なメンテナンスが必要です

給湯器を長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが重要です。

メンテナンスでは、以下の項目を確認・調整します。

  • 部品の状態

  • 燃焼状態

  • 水漏れ

  • 安全装置の動作

定期的なメンテナンスは、専門業者に依頼することをおすすめします。


給湯器は、定期的なメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができます。また、古い給湯器は危険性が高いため、早めに交換を検討しましょう。

正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。



閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page