top of page
  • ad-production7

見直すことで光熱費の節約に。給湯器のおすすめの設定温度は何度にすべき?



給湯器メーカーが推奨する設定温度 給湯器メーカーは温度設定を50度~60度にするよう推奨されています。

給湯器の温度設定を高くすることによって、温度調整がうまくいきやすいからです。

例えば40度のお湯を38度に微調整するよりも、50度のお湯を40度に調整する方が快適な温度を保つことができるということになります。

また、2021年1月頃、一般ユーザーによる「給湯器の設定温度を42℃以下にすると、お風呂のサーモスタット混合水栓の寿命が半分になる」という投稿がSNSで話題となりましたが、何の因果関係もないとされています。 給湯器の温度設定を50度~60度に設定することで、ガス代・光熱費が節約できる! 給湯器で作られたお湯は、実は排出されるまでにお湯の温度は設定温度よりも低くなります。よって、手元にお湯が届いたときには設定温度よりぬるいお湯が吐水されるため、給湯温度を上げざるを得なくなります。

しかし最初から設定温度を比較的高めで設定した場合は、手元にお湯が届く時点でお湯が適温となって吐水口から排出されるため、お湯の無駄がなくガス光熱費の削減に繋がります。


お湯の温度を調整する水栓「サーモスタット混合水栓」について サーモスタット混合水栓(Thermostatic Mixing Valve、TMV)は、お湯と冷水を混合して安定した温水を供給するための装置です。これは一般的に、浴室やシャワールーム、キッチンなどで使用されます。サーモスタット混合水栓には、いくつかの重要な特徴があります。

温度制御: サーモスタット混合水栓は、設定された温度を維持する能力があります。一度設定された温度が外部の温度変化や水圧の変動に影響されずに保たれるため、快適で一定の温水供給が可能です。

[安全性] サーモスタット混合水栓は、特にお湯の温度制御において安全性を提供します。お湯が急激に高温になることを防ぎ、やけどのリスクを軽減します。特に家庭や公共の施設では、安全性が重要な要素となります。

[プリセット温度] 多くのサーモスタット混合水栓には、あらかじめ設定された最大温度があり、これを超えることなく温水を供給します。これにより、事故や急激な温度変化からの保護が行われます。

[自動制御] 冷水とお湯の流量を自動的に制御し、設定された温度に調整します。これにより、ユーザーは安定した温水を手動で調整する必要がありません。

サーモスタット混合水栓は、快適性、安全性、エネルギー効率の向上を提供し、特に家庭や公共の施設で重宝されています。 サーモスタット混合栓を利用することもガス代・光熱費を節約に そもそも、水栓には設定温度のお湯をそのまま排出する単水栓と、給湯器の設定温度のお湯を混合栓の中で水と混ぜて合わせて混合栓の温度で排出する混合水栓の2種類があります。 サーモスタット機能を有するサーモスタット混合水栓を利用したほうが少ないお湯の量で給湯ができるためガス光熱費削減に繋がります。 それは、サーモスタット混合水栓は水と混ぜることにより、給湯しなけれなばらない水の量が少なくなるからです。 いかがでしたか?給湯器のおすすめの設定温度や、節約術について紹介しました。このように、普段見落としがちなポイントを抑えることで、毎日無理なく節約できます! また、正直屋では、節約できるエコな給湯器も多数ご用意しています。 ぜひお問合せください。

閲覧数:5回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page