top of page
  • ad-production7

雨の日、給湯器が突然使えなくなった!?原因と対処法



雨の日になると給湯器が不安定になり、リモコンにエラーコードが出たり、不具合が起こったりすることも多く、突然使えなくなることも、修理や交換が必要になってきます。

給湯器が雨の日に調子が悪くなるのはなぜなのか。原因と対処法を見ていきましょう。





【雨の日に給湯器の調子が悪くなる原因】


晴れている日には正常に使えている給湯器が雨の日になると調子が悪くなる。その原因は、お湯を温めるために設置されている給湯器内部の燃焼機器に何らかの原因で水や湿気が入り込み不具合を起こし、お湯が出なくなっている可能性が高いです。給湯器を一度でも開けて内部を確認したことがある場合は、ビスが緩んでいることやパッキンが機能していないなどで隙間から雨水が入ってしまう場合があります。

また、燃焼機器そのものが故障寸前で湿気が高くなったり水が入って燃焼しなくなっているケースも考えられます。給湯器自体はしっかり作られておりますので、長年の使用により内部が劣化や腐食したり何らかの外部からの衝撃による欠損など本来の構造上起こりにくい不具合です。もし、直近で台風が来ていれば強い風や雨によって、給湯器内部に雨水が入り込んでしまい、調子が悪くなる可能性もあります。






【対処方法】


給湯機上部に屋根を設置する

給湯器を雨や湿気から保護するため、屋根の設置をする。水に強いトタンやブルーシートを使うと良いでしょう。


排気カバーを設置する

大雨や暴風雨の際は、排気口から雨水侵入も防ぐ必要があります。排気カバーの設置がおすすめですが、排気がこもると大事故につながりかねません。必ず排気がこもらない仕様の物を設置しましょう。


給湯器下部に水除を設置

給湯器の下に土がある場合は、雨の日に土が濡れ給湯器に水が跳ねたり、土からの湿気が入るため、給湯器下部に水除を設置すると良いでしょう。


給湯器を地面から離す

給湯器が地面と近い位置に設置してある場合は、離すことも有効です。雨の日に地面からの水跳ねを防ぎ、給湯器への水の侵入を減らせるためです。


専門業者に依頼する

給湯器は本来ガスを取り扱う危険な器具です。万一事故が起きてからでは遅いのです。給湯器に不具合が起きた際には、原則としてプロの点検・修理を受けることを強くオススメします。






まとめ

雨の日に限って給湯器の調子が悪くなるということは、給湯器内部に何らかのトラブルが起きている証拠です。水漏れやガス関連による不具合の可能性もあるので、速やかに専門業者へ依頼しましょう。メーカーが付けてくれるメーカー保証などで無償で対応してもらえる場合もあります。応急処置的で一時的に調子を取り戻したとしてもその後近い将来確実に症状が悪化していく可能性が高いため、安心・信頼できる業者に修理や交換を依頼するのがベストです。

 





閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page