top of page
  • ad-production7

雨の日、給湯器が突然使えなくなった?!原因と対処法を徹底解説

更新日:2月9日


雨の日、給湯器が突然使えなくなると、慌ててしまいますよね。実は、雨の日と給湯器の調子の悪さには関係があるんです。主な原因は、内部の雨漏りと湿気です。雨風の吹き込みによって、給湯器内部に水が入り込むことがあります。水が燃焼機器に付着すると、故障やエラーが発生し、お湯が出なくなる可能性があります。

雨の日には、湿度が高くなります。高湿度により、給湯器内部の電気系統がショートしたり、部品が腐食したりして、不具合が発生する可能性があります。


■ 雨の日、給湯器が調子が悪くなった時の対処法


まず、メーカー保証または給湯器設置業者の保証期間中かどうかを確認しましょう。保証期間内であれば、無料で修理を受けることができます。また、雨風が直接吹き付ける場所にある給湯器には、屋根やカバーを設置して、雨漏りを防ぎましょう。

給湯器が保証期間外の場合は、応急処置をすることで簡単に解決できる場合もあります。取扱説明書を確認し、試してみましょう。給湯器が10年以上経過している場合は、修理費用が高額になる可能性があります。新しい給湯器への交換を検討しましょう。


どの選択肢を選ぶかは、給湯器の故障状況、耐用年数、修理費用などを考慮する必要があります。判断に迷う場合は、専門業者に相談しましょう。雨の日、給湯器が調子が悪くなった場合は、原因を特定し、適切な対処を行うことが重要です。


正直屋では、無料の見積もりと明確な料金体系で、お客様に最適な給湯器をご提案いたします。給湯器交換のことなら、ぜひ正直屋にご相談ください。



閲覧数:6回0件のコメント

Comentarios


bottom of page