top of page
  • ad-production7

電気温水器からエコキュートに変えて大丈夫なの? 電気代・費用の違いを比較



電気温水器とエコキュートの大きな違いは「お湯を沸かす方法」


電気温水器は、貯湯タンクの中に設置されたヒーター(電熱器)でお湯を作ります。

【熱源は電気ヒーター】ヒーターで作られる熱エネルギーのみを活用。


エコキュートは、屋外の空気の熱とわずかな電気でお湯を作ります。

【熱源はヒートポンプユニット】空気の熱エネルギーと電気のエネルギーを両方活用する為、高効率。



電気温水器とはどのようなもの?特徴・メリット・デメリット


電気温水器の特徴

電気温水器は、電気ヒーターを利用してタンク内の水を温め、お湯を沸かす給湯器です。

瞬間的にお湯を沸かす「瞬間式」と沸かしたお湯をタンクに貯める「貯湯式」がある。


電気温水器のメリット

安全性が高い、コスパが良い、災害時に水が確保できる、省スペースで設置可能


電気温水器のデメリット

湯切れすることがある、水圧が低くなる



エコキュートとはどのようなもの?特徴・メリット・デメリット


エコキュートの特徴

エコキュートは、再生可能エネルギーの大気中の熱エネルギーを利用してお湯を沸かすため、省エネ性が高く、環境にやさしい給湯器です。


エコキュートのメリット

電気代が安くなる、環境に優しい、安全性が高い、給湯にかかる費用を大幅に安くできる、災害時に水が確保できる


エコキュートのデメリット

導入費用が高額、お湯切れの可能性がある、設置場所の確保が必要、騒音が気になる




電気温水器とエコキュートの設置費用について

電気温水器は、10~25万円程度、さらに設置作業にかかる費用が7~10万円程度

エコキュートは、工事費込みで35~60万円程度


電気温水器よりも電気代が1/3程度に抑えられると言われています。また、夜間の電気料金が安い時間帯を利用して、沸き上げをおこなうことも可能です。それにより、光熱費が節約できます。エコキュートの初期費用は高額ですが、ランニングコストを大幅に節約できるので、初期費用の差額を回収できる可能性は十分あります。



電気温水器からエコキュートへ買い替える際の大きなデメリットは、初期費用が高額なことです。

エコキュートは電気温水器に比べて初期費用が高額になりやすいので、買い替える際は補助金制度を利用してみましょう。

電気温水器からエコキュートへ交換することは可能で、幾つか注意すべきポイントはありますが、交換できるならエコキュートに交換したほうが良いでしょう。




閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page